ユーロ圏

ウマければ繁盛するとは限らない

ウマければ繁盛するとは限らない

まずは「食べてもらう」ことが必要

 

仮に誰が食べても「うまい」という店でも
その店の存在が知られなければ客は来ませんね。

 

まずは「食べてもらう」ことが必要なんです。

 

初めて食べてもらって
「うまい」と感じてもらい、
口コミで拡散してもらう。

 

これが第一歩。

 

だから広告を打ったりします。
オープン時のチラシだったり
新商品完成時のチラシだったり。

 

個人差があるので、
誰が食べてもうまいなんていう店は
実は存在しませんが。

 

 

あとは友人知人に食べてもらい、
「よかったら紹介してね」というのが
一般的です。

 

ただし・・
私は知人に「あそこのラーメン屋うまいよ」と
紹介されて「本当にうまかった」と思ったことは
ほとんどありません。

 

だからその紹介された店に二度行ったことも
ほぼありません。

 

なかなか人に紹介できる味っていうのも
難しいものだと思います。
好みは人それぞれですからね。

 

それでもまずは
食べてみてもらわないことには始まらないのです。

 

 

ウマい!けど高い!

 

金額の設定も大事です。
例えば・・一杯1000円のラーメン。

 

これはかなりハードルが高いですよね。
この味に1000円払う価値があるかどうかが
試されます。

 

「あそこはウマいだけど高くてな・・」
客足が遠のく理由になってしまいます。

 

うまくするには手間暇がかかり
原価も高くなるものです。

 

その辺のせめぎあいが難しいんですね。

 

 

 

「味の記憶」

 

あなたは「味の記憶」で思い出す
お店ってありますか?

 

私はありますよ。

 

そして「味の記憶」に残らない店には
自ら再び食べにいくことはありません。

 

焼肉なら○○
寿司なら○○
イタリアンなら○○
中華なら○○
ラーメンなら○○

 

あなたもそうじゃないですか?

 

人は「失敗」することを嫌います。
そのラーメン屋の常連さんは
きっと他の店にはあまり行きません。
ラーメン食べるなら○○って決めてるから。

 

冒険して失敗したくないから。

 

「胃袋の奪い合い」
飲食店の競争は大変です。

 

 

まとめ

 

ウマければ繁盛するとは限らない。

 

■お客を呼び込まなければならない。
■値段以上の味でなければならない。
■記憶に残る味でなけれなならない。

 

 

 

ドン底だった飲食店が
一躍繁盛店へと大逆転!
わずか60日でお客さんを
2倍にする誰にでもカンタンに
できる集客方法!


 

ウマければ繁盛するとは限らない関連ページ

一番の広告は出店場所にあり
一番の広告は出店場所にあり
おいしくなくても潰れない店?
おいしくなくても潰れない店?

ホーム RSS購読 サイトマップ
繁盛店の条件 出店場所 広告の効果 管理人