■ハンズマンを見習おう【カンブリア宮殿★ホームセンター革命】

■ハンズマンを見習おう【カンブリア宮殿★ホームセンター革命】

ホームセンター「ハンズマン」

 

「カンブリア宮殿」という番組を見た。

宮崎県にあるホームセンター「ハンズマン」

 

父親が経営する普通のホームセンターだったが

 

二代目の息子が革命を起した。

 

 

「超顧客主義」

 

 

巨大なホームセンターは今やどこにでもある。

 

目指したのはホームセンターのディズニーランド

 

来店したお客様がワクワクしてしまう。

 

 

巨大になればなるほど、どこに何があるのか分からない。

 

建築士を目指していた二代目社長は

 

徹底的に店舗設計にこだわった。

 

 

エントランスに巨大な吹き抜け。

 

 

天井に届く高さに商品をそのまま取り付けたディスプレイ。

 

 

どこに何があるのか一目で分かるように工夫されている。

 

 

分解できる商品ならばどこまでも分解し、バラで売る。

 

お客様の要望とあらば、その場でバラしてネジ1本でも売る。

 

 

ストローだって「3本だけ欲しい」と言われれば

 

100本入りの袋を破って3本で売る。

 

 

 

社長は言う。

 

「97本は無駄になるが、ストロー97本でお客様の

 

信頼が買えるならこんなに安いコストは無い」と。

 

 

 

究極の顧客主義ユーザビリティ

 

どんな商売にもあてはまる気がしてならない。

 

 

 

 

私のブログは

 

顧客主義になっているだろうか?

 

どこに何があるか分かりやすくなっているだろうか?

 

十分なサービスが出来ているだろうか?

 

 

 

ハンズマンを見習おうっと。

 

 

 

 

トップへ戻る