セブンイレブンの話【目標は高く】

セブンイレブンの話【目標は高く】

 

 

日本初のコンビニエンスストアにして、現在に至るまで

 

ダントツトップを走りつづけている「セブンイレブン」のちょっといい話。

 

 

それはまだ、セブンが都内に数店出店したばかりの頃、

 

また、朝7時から夜11までの、その名の通りの営業時間だった頃。

 

 

年末の慌ただしい時期、社内では問題が起こっていました。

 

その問題とは。。。

 

 

年末年始の商品配送が、運送会社が休業のために出来ないという

 

問題。セブンイレブンは年中無休です。

 

 

社員は鈴木社長に対してこんな提案をしました。

 

 

「社長!年末年始は私たちが休日返上で配送をします!!」と。

 

 

偉いですよね。休日返上で社員自ら配送業務をやるという。。。

 

「そうか!うん、悪いが頑張ってくれ!うれしいぞ!」

 

鈴木社長はそう言って社員を労ったでしょうか。

 

 

 

 

 

ちがいます。。。

 

 

 

 

 

「バカモノ〜!」

 

 

 

「お前たち!セブンイレブンは今は数店だが、100店舗、1000店舗

 

になってもお前達が配送するというのか〜〜!」

 

 

なんと!

 

 

 

「セブンイレブンは将来何千店舗になる会社だから、

 

あなたの会社もそれに合わせて大きくなるんです!と言って、

 

運送会社の社長を説得しろ!」

 

 

 

夢や情熱は人を動かすものです。

 

運送会社社長は、年末年始の配送業務を引き受けます。

 

 

 

現在セブンイレブンは日本国内11,000店舗、海外を合わせると

 

30,000店舗を超え、マクドナルドを抜き、世界一の店舗数を誇る

 

一大チェーンとなりました。

 

 

 

 

「目標は高く」。。。ですね。

 

 

 

 

トップへ戻る